技術力と提案力を身に着け、
会社の成長に貢献できる人材に。

西村 玄弥 2018年入社 カスタマーエンジニア

豊富な業務量に恵まれた会社。

TOTO製品のみに対応するという点に興味を持ち、面接へ。社長の経営方針や教育方針にも共感し、入社を決めました。機械いじりが好きだったので3週間の研修期間も楽しく過ごし、スムーズに現場へ。個人宅や学校・病院、商業施設など、さまざまな場所であらゆるケースに対応していますが、「営業活動なしに、これだけの量の仕事が入ってくるのは凄いことだな」と感じています。

求められるのは、幅広い知識。

予想外だったことは、技術力だけでなく対応力と提案力も必要であったこと。故障をきっかけに設備を新しくしようと考えるお客様も多いので、製品に対する総合的な知識が問われる場面が多いからです。私たちにとっては難易度の高低や現場の大小はありますが、「今、困っている」という状況のお客様にとって、それは関係のないこと。誠意を持って仕事をすることを心がけていたら、いつの間にか、多くの現場を任されるようになっていました。

助け合うことが、南部のDNA。

3時間程度の作業を予定していた現場に一人で向かおうとしていたとき、ある先輩が「大変でしょう。手伝うよ」と同行を申し出てくれたことがありました。おかげで大幅に時間を短縮でき、技術的にも勉強ができました。当社のスタッフは全員がリアルタイムで情報共有をしているので、困ったときにはすぐに誰かがサポートをしてくれます。だからこそ、自分も早く成長し、できることを一つでも多く増やして貢献しなければと思っています。

このレールを進み、未来へ。

社長は社員一人ひとりの能力や適性を見極め、目指すべきゴールを設定してくれます。転職者に対しては、社会経験や年齢に応じた役割を果たせるように育ててくれます。私は入社以来、「このレールを行くと、どんな未来があるのだろう」と、楽しみながら進んでいます。仕事のこともプライベートのことも、垣根なく相談できるアットホームな社風だからこそ、「自分も、会社の成長に貢献できる人材になろう」という思いが湧いてきます。

1日の流れ

8:30

出社。メールチェック。
自分が担当する地域の依頼件数と作業内容を確認。
電話でお客様へ直接アポイントを取り、
1日の行動予定を組み立てる。

9:30

新人の担当現場に同行し、
技術サポートを行う。

11:00

自分の担当地域である繁華街へ。
ここのエリアへ来るときには、
家族と行きたい店の下見も兼ねているので楽しい。

12:00

行きつけの店でランチ。

13:30

オフィスビルなど2件の現場へ。
作業内容はその都度タブレットへ入力し、報告・共有。

16:00

帰社。
来週の作業に必要な部品の発注など事務作業を数件。

19:00

退社。

pagetop